ビューティ

コロナ禍でも売り上げ増の「オサジ」 スピーディーなモノ作りで毎月新製品を投入

有料会員限定記事

 2017年にスキンケアを中心にスタートした「オサジ(OSAJI)」は、メイク、ボディー、ヘア、フレグランスなど幅広いジャンルを扱うライフスタイルブランドに成長した。コロナ禍でも着実に売り上げを伸ばし、5周年を迎える来年に向けて、毎月の新製品投入や積極的な店舗出店でさらなる勢いをつける。

 「オサジ」の商況は、前年比130%増と伸長した。売り上げをけん引したのは、5月26日に発売した“サマー メイクアップ コレクション”の“路地裏”“12時”といったキャッチーなネーミングがそろう6色のネイルカラー。「ブランドのネイルが注目されたのは、昨春にイラストレーターのミツコさんが『#ミツコスメ』としてSNS漫画で紹介したことがきっかけ。また、消費者もSNSでメイクした自撮りの顔をアップするのは抵抗があるが、ネイルを施した手元ならアップしやすい。季節の変わり目やGWなど頻繁にネイルの新色を登場させているが、その都度数字を作っている。そのほか、毎年5月に発売する夏限定の香り『Ryo』シリーズは男女問わず使用でき支持を集めている」と遠藤ブランドマネージャーは語る。同期間の自社ECの売り上げは横ばいだが、アマゾン、ZOZOコスメ、伊勢丹の「ミーコ」などにも導入しており、そこでもネイルなど視覚的にもわかりやすいアイテムが人気だ。

この続きを読むには…
残り756⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら