ファッション

松屋がジュエリーブランドを立ち上げ 合成ダイヤ使用の「エネイ」で半年間で1億円を目指す

 松屋銀座本店(以下、松屋)が新規事業としてジュエリーブランド「エネイ(ENEY)」を立ち上げた。「エネイ」とは、“エニー(ANY)”と“エネルギー(ENERGY)”をつなげた造語で、ラボグロウンダイヤモンド(合成ダイヤモンド、以下、ラボグロウン)を使用したジュエリーなどを販売する。8月20日に東京・表参道で行われたお披露目イベントでは、ブランドのコンセプトをはじめ、新規事業立ち上げの経緯や目的について発表された。

 ブランドのコンセプトは、“エネルギーや多様性を巡らすジュエリー”。ラボグロウンを使用することで日常のファッションの1部としてダイヤモンドを楽しんでほしいという思いが込められている。ブランド全体の監修は、ビューティブランドの「セルヴォーク(CELVOKE)」をはじめとするオーガニック&ナチュラルビューティブランドを立ち上げた田上陽子が手掛ける。初回のコレクションでは、6ライン、95点、すべてメード・イン・ジャパンだ。合成ダイヤモンドを使用したラインのほか、手に取りやすいシルバーなどのジュエリーもそろえる。価格帯は、約1万〜35万円程度と幅広い。公式ECサイトおよび8月27日から松屋銀座本店1階で販売する。

 松屋は今年3月、「エネイ」を立ち上げるための部署、事業推進部 スタートアップ事業課を新設。昨年の休業中に企画を立案した島田成一郎・課長と、社内公募で応募した渡邊るり子・元アクセサリーバイヤー、同じく応募した横関彩夏・元アクセサリー売り場担当の3人で「エネイ」の立ち上げに携わった。島田課長は「コロナで消費の仕方が変わった。SNSを見てECで購入するケースが増えている。百貨店は取引先頼りのところがあり、収益もそれに左右される。そこで、オリジナルのブランドを作ることにした。コロナでサステナビリティへの関心が高まり、ラボグロウンは人々の価値観に合うと思った。ジュエリーの価値は変わらないし、次世代に引き継げる。合成というと“まがい物”というイメージが強いかもしれないがラボグロウンは、いわゆる養殖パールと同じ。欧米で急速に市場が伸びている」と語った。

 「エネイ」は松屋がブランドコンセプトから、生産、販売まで手掛けるため、その分コストを抑えられ、価格に反映できる。このブランドを通して、百貨店で買い物をしない若年層を取り込むのが目的だ。今後は、ECによる売上拡大を目指し、ゆくゆくは海外での販売も視野に入れている。21年度下期の売り上げ目標は1億円。24年度には年商4億円を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら