ビューティ

ロレアルが世界190カ国に1200万人のユーザーを持つ生理管理アプリ「クルー」と提携

 ロレアル(L’OREAL)はこのほど、健やかな肌と月経周期の関係についての知識を深めるため世界190カ国に1200万人のユーザーを持つ生理管理アプリ「クルー(CLUE)」とパートナーシップ契約を締結した。

 本締結によって、クルーはロレアル アクティブ コスメティクス事業部とその臨床専門家と協力し、月経周期と健やかな肌に関する科学的根拠に基づいた新しいコンテンツを開発。クルーが運営するサイト「Helloclue.com」上のリプロダクティブ・ヘルスに関する用語辞典で展開する。

 「フェムテックとデジタルヘルス分野における世界的リーダーであるクルーと戦略的なパートナーシップを結ぶことができてとてもうれしい。本提携を通じて、科学的なイノベーションを開拓していきたい。目標は、思春期から更年期までの月経サイクルを考慮しながら、健やかな肌、美容、ウエルビーイングへの願望に関して、あらゆる年齢層の消費者に最適にパーソナライズされたスキンケアルーティーンを開発することだ」とリサーチ・イノベーション・テクノロジー部門を担当するバーバラ・ラヴェルノ(Barbra Lavernos)ロレアル副CEOは語る。

 クルー共同CEOのオードリー・ツァン(Audrey Tsang)は、「肌の変化は、生理や月経の症状と並んでClueアプリの中で最もトラッキングされているカテゴリーの一つ。ロレアルの膨大なスキンケアにおける科学的知識を活用することで生理周期が肌にどのような影響を与えるか、クルーコミュニティと全ての消費者に新しく有益な情報を提供することができる」と期待を述べた。

 クルーはイダ・ティン(Ida Tin)とハンス・ラファウス(Hans Raffauf)が2012年に共同で設立した世界で最も急速に成長しているフェムテック企業の一つ。190カ国で1200万人以上のユーザーが利用する月経健康アプリを提供する。月経周期に対する世界の理解を深めるための研究支援を目的とし、キンゼー研究所、スタンフォード大学、コロンビア大学、ワシントン大学、オクスフォード大学の研究者と協力関係を構築している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら