ファッション

東京五輪開会式で日本選手団着用のアシックス“走れるウィングチップ”が発売

 アシックス ジャパンは、ビジネスシューズのブランド「ランウォーク(RUN WALK)」の真っ白な限定モデルを一部の直営店と公式オンラインストアで7月28日に発売した。ウィングチップが特徴的な同シューズは、7月23日の東京オリンピック開会式で日本選手団が公式服装に合わせて着用したモデルだ。店頭での販売はパラリンピック閉会式の9月5日までで、オンラインストアでは大会期間後も継続して扱う可能性があるという。

 メンズの“RMC162DX 3E”は、同ブランドの最上位モデル“アシックス ランウォーク リード(ASICS RUNWALK LEAD以下、リード)”のカテゴリーで、ランニングシューズさながらの機能性を有している。清涼感のあるメッシュ素材のアッパーと、かかとやソール前部にたっぷり付く衝撃緩衝材“ゲル(GEL)”が特徴だ。価格は税込2万9700円で、サイズは24〜33cmをそろえる。

 ウィメンズの“PWC192DX 3E”にも衝撃緩衝材“ゲル(GEL)”や反発性に優れた“スピーバ(SpEVA)”が付き、足首部分のスポンジで足を優しく保護する。価格は税込1万9800円で、サイズは22〜28cm。

 同社によると、東京オリンピック開会式で日本選手団が着用したものの、映像のみでは同ブランドのシューズだということが視聴者にはほぼ伝わらず、「開会式を見ての問い合わせは多くは届いていない状況」だという。しかし店頭での反響は上々で「これからの販売増に期待している」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。