ビジネス

“脳内補完”のススメ エディターズレター(2021年7月26日配信分)

※この記事は2021年07月26日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

“脳内補完”のススメ

 「20世紀少年」あたりで気づいたのですが、浦沢直樹さんのマンガって、背景が結構な確率で“線”です。でも、手抜きだなんて思わないんですよね。むしろ情景は頭の中にハッキリ思い浮かんでいるくらいで、臨場感に溢れています。

 なんて思っていた頃、彼がMCを務めるNHKのトーク番組「漫勉」で、同じく漫画家の東村アキコさんが「背景が“線”問題」について浦沢さんに切り出してくれました。すると2人は、「最近のマンガは、情報を詰め込みすぎる。情景描写は、最初にバーンってあれば、あとは“脳内補完”でいける」と締めくくります。

 ほほぅ、“脳内補完”。確かに、です。最初のコマで教会が丁寧に描かれていれば、読者は「あ、教会でのハナシね」って理解します。だから以降は、“線”で十分なのでしょう。

 以来この“脳内補完”は、コンテンツを作るときにも一考するようにしています。例えば、私はあんまり接続詞を使いません。「しかし」は使うけれど、「また」「だから」「加えて」などは推敲する段階でほとんど削ってしまいます。理由は、特に順接は“脳内補完”で理解できるから。冒頭でキチンと説明できていれば、すでに読者は概要・状況を理解しながら読んでくれているハズです。順接の接続詞が使えるような場面は、すでに“脳内補完”できている状況と言えましょう。あえて明記すると、なんだか“まどろっこしく”感じるのです。「また」なんて、削ったところでたった2文字ですが、それでも、少しでも読みやすくなるのなら、私はバンバン削ります(笑)。

 ファッションやビューティ業界でも、“脳内補完”、考えても良いと思うんですよね。こと最近はHow to的な動画や投稿がSNSを席巻していますが、“脳内補完”してかないと、コンテンツってどんどん陳腐化すると思うんです。いつまでも、丁寧に、一から、手取り・足取り教えていくと、本題に進まない(笑)。やたら冒頭が長くなったり、一通りを消費しても「で?」と言う感想に繋がってしまう。YouTubeの世界では、よくあることな気がします。それは、初心者に寄り添っているとも、また少し違う気がするのです。

 詰め込みすぎる人は、生真面目なのか?それとも消費者の理解力を見くびっているのか?どちらなんでしょう?“脳内補完”させなくなると、「推し活」とか「概念コスメ」とかも生まれなくなっちゃいそうで、ちょっと不安です。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターです。「WWDJAPAN Digital」が配信する記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら