ファッション

実力派ディレクターが2つの新ブランド ドレスのようなデニムとカップルでシェアする服

 セレクトショップのバイヤーやファッションブランドのクリエイティブ・ディレクターとして活動してきた榎本実穂が2021-22年秋冬、新たに2ブランドを立ち上げる。デニムトラウザーに特化した「リヴィントーン(LIVINGTONE)」とメンズ&ウィメンズウエアを扱う「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」。

 「リヴィントーン」は、“ドレスとしてのデニムトラウザー(Denim trousers as dress)“をコンセプトに、一般的な5ポケットのジーンズではなく、ドレスアイテムとしてのデニムトラウザーを提案するブランド。ファーストコレクションでは、国内のデニム工場で生産したハイウエストデニムやハーフパンツなどの6スタイルを提案。ロンドンのリヴィントン通り(Rivington Street)で榎本が撮影した写真をブランドの着想源にしており、その地名をアレンジしてブランド名に冠した。「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」などのセールスを手掛けるオン トーキョー ショールーム(ON TOKYO SHOWROOM)がブランドを運営していく。価格は2万9000〜3万5000円。

 「ミオズモーキー」は、“ダーリンとシェアするクローゼット“をコンセプトに、オリジナル素材を使ったメンズとウィメンズのウエアを展開する。ロンドン・ノッティングヒル在住の写真家のスモーキー(Smokey)によるカップルを撮影した作品からインスピレーションを受け、ブランド名にも写真家の名前を加えている。運営元はホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」や「ウジョー(UJOH)」などのセールスを担うクオン(kuon)。価格はシャツ2万9000〜3万8000円、ボトムス3万2000〜5万2000円、ジャケット5万8000〜8万1000円、コート8万4000〜11万5000円。

 「リヴィントーン」は8月から、「ミオズモーキー」は9月からエストネーションなどの主要セレクトショップで扱われる予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら