ファッション

気鋭ストリートブランド「ボット」 が伊勢丹新宿店でポップアップ開催

 グラフィックデザイナーのTEITOが手掛けるストリートウエアブランド「ボット(BOTT)」が、伊勢丹新宿本店メンズ館6階でポップアップイベントを6月22日まで開催している。同イベントのために用意したTシャツ(7040〜7150円、税込 以下同)やパジャマセットアップ(2万5300円)、フーディー(1万6500円)などのアパレルと、ラグマット(2万2000円)などの雑貨をそろえる。2021年春夏コレクションのアイテムも扱う。

 TEITOは1993年生まれのグラフィックデザイナー。文化服装学院でファッション流通を学び、プライベートワークとしてグラフィックデザインをスタート。2016年に「ルーピーホテル(LOOPY HOTEL)」を立ち上げる。19年に同ブランドを休止し、新ブランドとして“Birth Of The Teenager”の頭文字をとった「ボット」を始動。CreativeDrugStoreとコラボするなど、音楽シーンを中心に知名度を広げている。

■BoTT POP-UP STORE in ISETAN MEN'S
日程:6月9〜6月22日
場所:伊勢丹新宿店メンズ館 6階 メンズコンテンポラリー
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら