ファッション

「オニツカタイガー」がロンドンに世界最大の旗艦店 欧米への出店攻勢続く

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」はこのほど、世界最大規模の旗艦店をロンドンのリージェントストリートにオープンした。コンテンポラリーコレクションやヘリテージコレクション、“ニッポンメイド(NIPPON MADE)”のほか、ラグジュアリーライン“ジ・オニツカ(THE ONITSUKA)”を含む全商品をそろえる。

 店舗は、店舗面積約864平方メートルの2フロア構成。大理石を用いた重厚感のある内装が特徴で、地下から1階天井まで突き抜ける光柱が存在感を放つ。1階に全てのコレクションが並び、地下1階にはショールームとギャラリースペースを設けた。地下1階では地域のクリエーターやグローバルで活躍するアーティストの支援のため、さまざまな体験型ギャラリーとして活用するという。

 同店オープンを記念し、限定モデルのスニーカー2型(税込各2万3100円)とTシャツ(同6050円)、スエットシャツ(同1万2100円)、ソックス(同1540円)を製作。ブランドを象徴する“タイガー パターン”とロンドンの地下鉄路線図に着想を得たカラーリングを組み合わせたデザインで、一部直営店とECサイトで販売中だ。

 同ブランドはアジアに続いて欧米市場への本格進出を目指しており、ロンドンやニューヨーク、ミラノの直営店に続き、3月にはアメリカ西海岸で初となる旗艦店をロサンゼルスに出店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら