ビューティ

益若つばさプロデュース「ドーリーウインク」から猫やオコジョの目元になれる“サロン級”つけまつげ登場

 コージー本舗が展開するモデルの益若つばさプロデュースのアイメイクブランド「ドーリーウインク(DOLLY WINK)」から新つけまつげ「ドーリーウインク サロン アイラッシュ(DOLLY WINK SALON EYE LASH)」が6月24日に登場する。つけまつげを付けた仕上がりイメージを猫やうさぎ、犬、オコジョなど動物に例えた全12種のアイテムをそろえる。ロフトやプラザなどバラエティーショップで販売する。

 「サロン アイラッシュ」は、既存のつけまつげ「イージーラッシュ(EASY LASH)」の姉妹品。「イージーラッシュ」が掲げる“10秒まつエク”と同様、カット不要のサイズや目元に自然になじむ仕様はそのままに、付けていることを忘れるくらいの超軽量で優しい付け心地の“まつげエクステサロン級”の仕上がりを目指した。また、なりたい“かわいい”イメージに合わせ、すっぴん風・抜け感のあるこなれ美人顔・中央を強調する丸みのある目・質感が映える華やかデザインの4カテゴリー12種のデザインをラインアップ。パッケージには12種の動物が描かれ、好みの仕上がりイメージを選ぶことができる。

 「コロナ禍でのおうち美容ブームにより、『サロンに行きづらい』『マスクメイクで目元を強調したい』というニーズで、つけまつげの需要が高まっている。また、外出が減ったため常にまつげエクステをする必要がなく、デートなど『ここぞ!』というときにだけつけまつげを使用したい人も増加。『サロン アイラッシュ』はサロン級の仕上がりのため、初心者はもちろん、これまでエクステを使っていた人にこそ使用してほしい」と担当者はアピール。

 2009年に誕生した「ドーリーウインク」は、“かわいい、をすべての人に”をコンセプトに、アイライナーやマスカラなどのアイメイク製品を展開。19年にはブランド誕生10周年を記念してリブランディングを実施し、第1弾商品として部分用つけまつげ「イージーラッシュ」を発売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら