ファッション

「サマソニ’15」1日目にマリエや森永邦彦&山口一郎ペアも来場 アリアナ旋風で吹き荒れるツインテール

 国内最大級の都市型音楽フェスティバルの「サマーソニック2015」が8月15日、東京は千葉県千葉市の幕張メッセとQVCマリンフィールドを舞台に開幕した。洋邦総勢63のアーティストが出演し、モデルのマリエ、森永邦彦「アンリアレイジ」デザイナーとサカナクションの山口一郎ペア、田中シェン、AMIAYAのAMIらファッショニスタたちの姿もあった。

 来場者でまず目につくのが、チークでほおをピンクに染めた大群のツインテール女子たち。瞬時にそれが誰のファンかわかる。アリアナ・グラン誇示するに十分過ぎるトレードマークだ。そのアリアナ・グランデは、海風ここちよい夕刻、最大規模のマリンステージに登場。ラメ入りブラトップとミニスカートにサイハイブーツで全身をオールブラックでまとめたセクシーな小悪魔スタイルでパワフルに踊る踊る。振り乱す髪の毛は当然ツインテールだ。その若さをエネルギッシュなフェイクでも呈示していくところに本格派シンガーとしての力量を見せる。身長153mのミニマムな体躯からは想像出来ない強い歌声がスタジアムに轟いた。ヒット曲の「プロブレム」までを全力で歌い切った。

 音楽リスナーに響く正統派からエンターテイメントの中でも今をときめくアイドルまで。全世界的に見ても類をみない雑食性にまで出演者の音楽ジャンルがふくれあがった同フェスだからこそ、出演者、特にヘッドライナーが誰であるかで来場者のファッション傾向も変化する。女子力高いファッションアイコンのアリアナの出演をはじめ、ロックとダンスを融合したオシャレビートの走りでフェス文化の良心、英ケミカル・ブラザーズがヘッドライナーを務めたこの日は、トレンドの70’’sボヘミアンが安定の会場制覇。エンブロイダリーにはりがあったりフリンジの質感が良かったり、デザイナーズ・ブランドのアイテムの着用が多いのも都市型フェスならではだ。好天でビーチの近い場所柄も手伝って、露出度の高いファッションも多かった。

 同フェスはこのあと、気鋭音楽レーベルのホステス(HOSTESS)とタッグを組んだオールナイトイベント「ホステス クラブ オールナイター(HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER)」へと突入。英ロックバンド、レディオヘッドのトム・ヨークがソロアルバム「TOMORROW’S MODERN BOX」を世界初再現するほか、フランツ・フェルディナンドとスパークス、英米の新旧ロックバンドのコラボレーション・バンドのF.F.S、スペースロックの雄であるスピリチュアライズドらが出演する。

【スナップ】2015年のソニックマニアは90年代ストリートとスニーカーが人気▶︎

【スナップ】「サマソニ’15」東京2日目にBENI VERBALらも来場 ファレルがハッピーに大トリを飾る▶︎

【関連記事】トム・ヨーク出演の深夜帯にファレル・ウィリアムスの大トリに サマソニ2015のファッション業界注目トピック▶︎

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。