ファッション

「サマソニ’19」が閉幕 スポーティー&ストリートスタイル旋風の3日目

 8月16日から3日間にわたり東京・大阪の2都市で開催されていた国内最大級の都市型音楽フェス「サマーソニック2019(SUMMER SONIC 2019)」が18日に閉幕した。最終日の東京会場は2日目に続き晴れ上がり、強い日差しが照りつける厳しい暑さの1日となった。

 暑さと合わせ、ヘッドライナーのザ・チェインスモーカーズ(THE CHAINSMOKERS)やゼッド(ZEDD)、ディスクロージャー(Disclosure)をはじめとするダンスミュージック系アーティストの出演が中心だったことから、来場者は開放的なファッションやスポーティーなスタイル、ストリート風の装いの傾向に。さらに1・2日目に頻繁に見られたバンドTシャツ着用者が激減した一方、前日までにあまり目にしなかったペアルックやチームコーデ、大胆な柄アイテムを取り入れたスタイリングなどが目立った。

 「サマソニ’19」は東京会場が各日6万人の計18万人、大阪会場が各日4万人の計12万人、東京会場の1日目深夜に行われた「スポティファイ オン ステージ イン ミッドナイトソニック(Spotify on Stage in MIDNIGHT SONIC)」が2万人、同じく東京会場の2日目深夜に行われたサカナクションの山口一郎がオーガナイズする複合型クラブイベント「エヌエフ(NF)」が3万人を動員した。なお主催するクリエイティブマンは来年、会場が東京オリンピック・パラリンピックに使用されるため「サマソニ」を開催しないことを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら