ファッション

洋邦ロック・メタル色の濃い「サマソニ’19」2日目 多種多様なバンドTシャツが席巻

 国内最大級の都市型音楽フェス「サマーソニック2019(SUMMER SONIC 2019)」が8月17日に2日目を迎えた。中日となった今日の東京会場は、ヘッドライナーのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(RED HOT CHILI PEPPERS)を筆頭にRADWIMPSやマキシマムザホルモン、MAN WITH A MISSION、BABYMETAL、ランシド(Rancid)、ゼブラヘッド(ZEBRAHEAD)、ブリング・ミー・ザ・ホライズン(Bring Me the Horizon)、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルマン(CAT FISH AND THE BOTTLE MAN)など、洋邦ロック・メタル色の濃い1日となった。

 当日のラインアップの色は来場者のファッションにも顕著に表れ、出演アーティストを中心にメタリカ(METALLICA)からガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)、スリップノット(Slipknot)、コーン(Korn)まで、多種多様なバンドTシャツ着用者が目立っていた。

 また、初日は台風の影響から終日強風に見舞われたものの曇天の過ごしやすい1日だったが、2日目は最高気温が36度を超える日差しの強い炎天下での開催となった。そのため来場者の多くが、サングラスやバケットハットなどを携帯し参戦。バッグはライブを楽しむ際に邪魔にならないよう、定番のサコッシュやボディーバッグといった小さいタイプのものが引き続き好まれていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら