ファッション

吉岡徳仁が「ガラスの茶室―光庵」をライトアップ 医療従事者に感謝のメッセージ

 世界的クリエイターの吉岡徳仁は、オンラインで開催中の「六本木アートナイト スピンオフ・プロジェクト(以下、六本木アートナイト)」のために、東京・六本木の国立新美術館正面入り口に展示している作品「ガラスの茶室―光庵(以下、光庵)」をコバルトブルーにライトアップした映像を公開した。吉岡は、ライトアップを通して、新型コロナウイルスと戦う医療従事者への感謝を込めた光のメッセージを発信。映像内で彼は、感謝の気持ちをはじめ、この作品にまつわる思いを語っている。

 「光庵」のプロジェクトの構想は2002年。光そのもので建築が作れないかという発想から作られた。吉岡は、「光で日本の茶室文化や自然観を表現したかった。大きなプリズムに太陽の光が入り、虹のように見える瞬間がある。虹は生花を表現している。見るたびに新しい発見がある、時間そのものを作品にするのが大切だ」と語っている。ライトアップは「六本木アートナイト」のウェブサイトのみで見ることができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら