ファッション

六本木の街がアートだらけに 「六本木アートナイト 2019」開催

 六本木を舞台にした一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト 2019」が5月25~26日に開催される。東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的する同典は2009年からスタートし、今回で10回目を迎える。今年のテーマは“夜の旅、昼の夢”で、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなど多様な作品を六本木の街中に点在させる。

 メインプログラムでは韓国のアーティスト、チェ・ジョンファによる果物や野菜を模したカラフルなバルーン彫刻「フルーツ・ツリー」や約1万個のくねくねバルーンが巨大な色彩の塊となって、空間に向かって飛び出した「ライフ・ライフ」などの作品を展示する。5月20~26日には、カート・パーキシーによるゴム素材の巨大な赤玉が街を移動する周遊型パブリックアート「レッドボール・プロジェクト」も日本上陸。さらに、北野武や草間彌生などによるオリジナル風呂敷や、風呂敷のインスタレーションを展示する「FUROSHIKI PARIS」の報告展なども開催する。

■ROPPPONGI ART NIGHT 2019
日程:5月25~26日
時間:25日 10:00~26日 18:00
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(ただし、一部プログラムおよび美術館企画は有料)

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら