ニュース

吉岡徳仁の「ガラスの茶室」が六本木の国立新美術館で特別公開

 吉岡徳仁による「ガラスの茶室―光庵(以下、ガラスの茶室)」が4月17日から、東京・六本木の国立新美術館で特別公開される。「ガラスの茶室」は2011年に「第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展」で発表後、15年に京都の将軍塚青龍殿で展示され大きな話題になった。吉岡は、「2020年に向け、東京で展示をしたいと思っていた。文化的視点から国立新美術館で展示することになった。美術館もガラスでできているので対比が面白いはずだ」と語った。

 国立新美術館では屋外にパリ・オルセー美術館のコレクションであるガラスのベンチ「Water Block」や新作のガラスのスツール「Sphere」とともに展示。自然光や四季の移り変わりで変化する茶室の表情を楽しめるようになっている。「佐賀美術館では館内だったので、今回は屋外がよかった。2年間展示するので、日本人はもちろんのこと、海外の旅行客など大勢の人々に見てほしい」という。

 「ガラスの茶室」の中には、床の間に見立てたオブジェが2つ。フレームは鏡で出来ており光がガラスに反射するようになっている。一見シンプルに見える茶室だが、細部に吉岡のこだわりがこめられている。「床は畳の目を表現した波状のガラスにしたので、光の拡散や集光が楽しめる。特ににじり口(茶室の小さな入り口)にはこだわった。今までにない空中に浮くにじり口にしたかった。だから縁もない。入り口は違う次元に入る場所だから、それを開ける瞬間が大切。その体験を完璧なものにしたいという思いがある」。

 吉岡は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのトーチもデザインした。「トーチの炎を表現するようにアルミを使用した。見る人にインパクトを与えられるようなデザインをしたい。デザインといっても形だけでなく、何が大切かを客観的に考えながらするのが大切。新しい表現かどうかなどをじっくり考え、デザインが生まれる根源からデザインする時代になってきている」と語る。

 「ガラスの茶室」は21年5月10日まで特別公開される。