ニュース

アレキサンダー・ワン、性的暴行疑惑に関する声明を発表

【追記3月12日】タイトルが一部誤解を与える表現だったため、修正しました。お詫びします。

 アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)は、一連のセクシャルハラスメント疑惑に対し、再び自身のインスタグラム上で声明を発表した。

 ワンは3月9日、「最近、私の過去の行いについて複数人から告発を受けた。私は彼らが声を上げる権利を支持しており、その意見に注意深く耳を傾けた。体験を語るのは容易ではなかっただろうし、彼らに苦痛を与えるような行動をしてしまったことを後悔している。こうした個人的なやりとりについていくつか意見が相違する点はあるものの、今後はよりよい手本となるべく、私の知名度や影響力を使って有害な行為に対する認識を広めていきたい。人生とは学びと成長の場であり、今回学びを得たからには、より向上したいと思う」と投稿。1月5日付の声明では疑惑を全面的に否定していたが、今回は告発の内容を認めたと受け取れるものとなっている。

 事の発端は、2020年12月28日にモデル兼グラフィックデザイナーのオーウェン・ムーニー(Owen Mooney)が、17年にニューヨークのクラブで有名な男性デザイナーに局部などを触られたと告発する動画を投稿したことだ。その際、加害者の名前は伏せられていたが、「ワンに対する同様の告発を見たことがある。ワンではないか?」とのコメントが寄せられ、ムーニーは次の投稿で相手がワンだったことを公表した。ワンはこれを否定したものの、その後も同様の告発が相次いでいた。

 被害者らの代理人を務めているリサ・ブルーム(Lisa Bloom)弁護士は、2月24日の時点では「訴訟を起こすかどうかについてはまだ明らかにできない」と述べていた。しかし3月9日に、「被害者の方々はアレキサンダー・ワン本人と会い、彼らが体験したことや、その痛みや苦しみを伝える機会を得た。われわれは同氏の謝罪を受け入れ、前進することにした」と、やはり自身のインスタグラムに投稿している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら