ビューティ

ほぼ日からトータルビューティブランド「シンクー」がデビュー 第1弾は鏡・ブラシ・お香

 コピーライターの糸井重里が代表を務めるほぼ日は2月24日、岡田いずみヘアメイクアップアーティストがディレクションするトータルビューティブランド「シンクー(SHIN;KUU)」を立ち上げる。デビューコレクションは、鏡やブラシセット、マッチ型お香スティックブランド「ヒビ(HIBI)」とコラボしたお香セットの3製品をラインアップする。同日11時に「ほぼ日ストア」内で販売を開始し、ほぼ日が運営するギャラリー兼ショップのTOBICHI(とびち)東京では25日から取り扱う。

 ブランド名の「シンクー」は、“美しさやすこやかさの根源”である「真紅(しんく)」に由来し、深く呼吸をするような響きやイメージが込められている。五感を満たす“スキンケア”、“メイク”、“道具”の3カテゴリーをメーンとした商品開発に加え、ウェブコンテンツなどを用意する。

 デビューコレクションは、肌やメイクに向き合う環境を気持ちよく整えてくれる“道具”に着目した3アイテムをそろえる。高さや角度を調整できる鏡の“しぐさミラー”(2万1000円)は、台座から取り外して手鏡としても使用可能だ。楕円形のフォルムと、真ちゅうと国産のブナ材を組み合わせたデザインが特徴的。熊野筆を採用した“ゆびブラシセット”(1万3500円)は、中指・薬指・小指を模した3サイズのブラシをそろえる。「ヒビ」とコラボしたお香セット“10MINUTES AROMA CANISTER”(5000円)は、ひのきとティートゥリーの2種の香りのスティックを各30本セットする。パッケージデザインは、日本デザインセンター三澤デザイン研究室の三澤遥アートディレクターと、佐々木耕平デザイナーが手掛けた。

 今春以降、スキンケアを順次展開する予定だ。