ファッション

マリエが本音で語る「私の33年目のサステナブル」 Vol. 1 今の私ができるまで

「WWDジャパン」読者の皆さま、こんにちは。
マリエです。

多忙なタレント活動から距離を置き、
好きなファッションの世界をもっと学ぶためニューヨークに留学。
その頃から度々お世話になっています「WWDジャパン」でこのたび連載をスタートしました。

テーマはサステナブル。

現在、私の営んでいるブランドや活動の中心になっておりますこのテーマ。
「WWDジャパン」も以前に比べてかなり取り上げるようになった、昨今のファッション界で話題のワードですね。

持続可能な社会を作るため、今ファッションが取り組まなければならないこと。

それはそれはたくさんありすぎて、私には全てを語れません。

「WWDジャパン」紙面で、私も日々学んでおります。

人生の半分は習慣でできているとは全くその通り。
サステナブルを心掛けようとしても、今までの当たり前に待ったをかけるどころか、
悪い習慣に気づくことすら困難です。

それでも自分自身を見つめ直すことによって少しずつ見えたきたサステナブルな私。

そんな私が日々感じているテーマや
われわれファッションを愛する一人一人が考えなくてはならない課題について
今回私の尊敬するアーティスト陣でキャラクターを完成させ、
そこに命と希望を吹き込みました。

名前は“プラスチックモンスター”。

このキャラ、略して“プラモン”が日々の生活の中で気づく
ファッションを軸としたサステナブルな話題を
「WWDジャパン」での4コマ漫画の中で投げ掛ける連載がスタートします。

ウェブではテーマのスピンオフや
私自身がどうしてそんなことを考えるようになったかのきっかけを連載。

発信者でもあり消費者でもある私たち一人一人に少しでも多くの気づきが訪れることを願って。

セレブなアイドル“セレドル”として知られていた私。
そんな“マリエ”は今、デザイナーであり会社の代表として売り上げを管理しながら、日本を代表するラジオ局でナビゲーターを務め5年。さらに環境省のアンバサダーにも就任しました。

やっていいことも、やらない方がいいことも。
うらやましいといわれることの数々も。
経験するはずじゃなかった周りの変化も。
全てが私を変えるきっかけだった。
変わらなければ死んでしまいそうだった。
そして、
変わってしまった“私”と“未来”をどう取り戻すのか、結局、10年もの月日が必要だった。
すごく苦労したな。

さらに取り戻すのではなく
自分を理解し、見つめ直すプロセスを繰り返すことで見えてきた地球のこと・歴史のこと・動物のこと・さまざまなこと。
もう一度しっかり学び直すことで“自分”ではなく、ここ(地球)にいる存在としての責任を理解し、
私の一つの選択がさまざまな健康につながることを学ぶことができた。

隣にいる人の健康、飼っているワンちゃんの健康、私のフォロワーの健康、
そして地球全体の健康も。

その全てを受け入れ、どのように気づき、アップグレードしてきたのか。
今、心から言える私の気づきのエピソードと経験を読者の方とシェアできる場をくれた
「WWDジャパン」の皆さまへ感謝

――サステナブルは現代のパンクだ
BY PASCAL MARIE DESMARAIS マリエ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら