ファッション

「ミズノ」が空山基とのコラボスニーカー発売 宙に浮いている靴をイメージ⁉︎

 「ミズノ(MIZUNO)」は、スニーカーの“ウエーブ プロフェシー(WAVE PROPHECY)”シリーズからアーティストの空山基とのコラボモデル“ウエーブ プロフェシー ソラヤマ”を発売する。サイズは23.0〜29.0cmで、価格は3万5000円。「2G TOKYO」、「2G OSAKA」で1月30日に先行販売し、2月6日からはドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)や「キス トウキョウ(KITH TOKYO)」などで扱う。

 同モデルは空山独自の感性で宙に浮いているスニーカーをイメージして製作。シルバーや半透明のパーツを組み合わせ、“ウエーブ プロフェシー”シリーズのミッドソール「インフィニティウエーブ」の更なる屈曲性の向上と軽量化を図ったほか、アウトソールには一際大きな空洞を設けた。またメインビジュアルおよびムービーは、グラフィックアーティストのYOSHIROTTENが手掛けた。

 4月30日には、福祉機器メーカーの今仙技術研究所を含む3者のコラボによるトップアスリート向け義足板バネ“カタナシグマ(KATANAΣ)”を発売する。空山を象徴するシルバーをベースカラーに、最先端のカーボン材料の選定や積層設計に改良を加えた軽量モデルだ。全国の義肢装具製作所で取り扱う。