ビューティ

「ルナソル」21年春コレクションは植物が着想のみずみずしいカラー

 カネボウ化粧品は2021年1月22日、プレステージブランド「ルナソル(LUNASOL)」 から春のメイクコレクション“BLESSINGS OF FLOWERS”を発売する。“Plant Hunter’s Diary(プラントハンターの日記)”をコンセプトに、生命美や自然美、植物美をイメージしたメイクルックを提案する。

 「ルナソル」の21年上半期は、新種の植物を求めて旅する架空のプラントハンターが綴る日記のストーリーと共に、トレンドのメイクを提案。1月は“Plant Hunter’s Diary”の第1章として“BLESSINGS OF FLOWERS(花々の恵み)”をテーマに、植物に着想を得たカラーアイテムがそろう。

 4色セットのアイシャドウ“アイカラーレーション”(新2種、各6200円)からは、軽やかさと奥行きのあるグラデーションが作れる2種が登場。中でも、左上のカラー“エナジェティックシャイン”を最後に重ねるとよりみずみずしい仕上がりがかなう。また、リキッドタイプのリップ“デューイマットリクイド”(限定2色、各3800円)は、水のように伸びた後、マットな質感に変化して唇に定着。自然で潤いのある唇を演出する。

 そのほか、みずみずしい発色と艶で立体的な目元を作るオイルベースの単色アイシャドウ“グラムウィンク”(限定1色、3200円)、自然な血色感を演出する“カラーリングシアーチークス”(全2色、各2500円)、ひと塗りで鮮やかに発色する“ネイルポリッシュ”(限定2色、各2000円)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら