ビューティ

「ドゥーオーガニック」から初の目元ケアアイテム パッケージは非木材紙

 オーガニックコスメブランド「ドゥーオーガニック(DO ORGANIC)」は、ブランド初のアイケアアイテムとして目元用バーム“コンセントレート アイ バーム”を発売した。パッケージはサトウキビをしぼったあとに残る繊維を配合した非木材紙を採用する。価格は16g、8000円。

 マスク着用があたりまえになり、今まで以上に人の視線を集めることになった目元は、デジタルディバイス頼りの生活で負担が拡大。ほかの部分に比べ、乾燥、たるみ、くすみ、クマ、シワなどの肌トラブルが起こりがちだ。

 “コンセントレート アイ バーム”は、エコサートによるコスモスナチュラル認証とコスメビオコスモスナチュラルを取得。100%天然由来原料で製品中、オーガニック栽培の原料を10.6%使用している。オーガニック成分はオリーブ果実油、シア脂、ホホバ種子油など。バーム状だが、手に取るとふわっと溶けるような感覚で、パックをしたときのような使用感を与える。ゼラニウムやパルマローザ、ローマンカモミールなどオーガニック精油100%の癒やしの香りも特徴だ。

 パッケージは、ブランド誕生時から環境を意識。森林破壊を減らしCO2削減に寄与するため、非木材紙を使用。製品説明や使用方法はパッケージの裏面に印刷し、使う紙の量を最小限に抑えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら