ビューティ

コーセー「エスプリーク」が誕生10周年でブランド刷新 ベースメイクに注力

 コーセーのメイクブランド「エスプリーク(ESPRIQUE)」は誕生10周年を迎える2021年2月に、ブランドを刷新する。これまでのコンセプト“大人のエレガントさを簡単に叶える”から、多様化する生活様式や化粧習慣の変化に応じた“どんな日も、もっと私らしく~Effortless Elegant~”に制定した。今後、ブランドイメージの鮮明化を図り、主力カテゴリーとしてベースメイクに注力する。

 第1弾として、マスク着用による化粧崩れを防ぐパウダーファンデーション“シンクロフィット パクト EX”(2800円、編集部調べ)や、マスクによる肌荒れをケアする化粧下地“エッセンス グロウ プライマー”(2600円、同)、コンシーラー(2500円、同)ほか、ツール2種、限定キット2種を2月16日に発売する。

 ファンデーション“シンクロフィット パクト EX”は、マスク内の高湿度下においても長時間化粧が崩れず、マスクを外した後でもメイク直後の仕上がりが持続するファンデーション技術を応用した。毛穴や色ムラ、シミをカバーする。化粧下地“エッセンス グロウ プライマー”との併用で、化粧崩れを防ぐ効果が高まり、化粧持ちが13時間持続(コーセー調べ)する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら