ファッション

「ハイク」 × 「アディダス」秋冬コレクション発売 アーカイブ生地のポンチョやスニーカーなど

 「アディダス(ADIDAS)」は、「ハイク(HYKE)」とのコラボコレクションを11月25日12時に日本先行発売する。「アディダス」公式オンラインストアや公式アプリ、三越伊勢丹の公式オンラインストアで扱う。1990年代に人気を博したアウトドアライン“アディダス アドベンチャー(ADIDAS ADVENTURE)”のアーカイブをインスピレーション源に製作した。

 コラボスニーカーは全4モデルを用意。96年に登場した“EQT XTR”を再構築したスニーカー“XTA”をベースにした“AH-002 XTA FL”(2万5000円)と“AH-003 XTA SANDAL”(2万円)のほか、95年に登場した“シーユーレイター(SEEULATER)”のソールやアッパーを採用した“AH-004 SEEULATER GTX” (2万8000円)、“AH-005 HI SEEULATER GTX”(3万円)をそろえる。カラーはブラック、ホワイト、カーキの3色展開だ。

 アパレルは、“アディダス アドベンチャー”の生地を使用したポンチョ(6万5000円)やボレロ(3万6000円)、スポーティーなポリエステル地を用いたプリーツスカート(4万5000円)、プルオーバー(3万3000円)、タイツ(1万8000円)を用意した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら