ビューティ

寒暖差肌荒れ注意度全国ランキング、1位は北海道 資生堂ジャパンと日本気象協会が発表

 資生堂ジャパンは、寒暖差による肌トラブルの注意喚起を目的に、日本気象協会と共同で「寒暖差肌荒れ注意度 全国ランキング」を発表した。全国47都道府県を対象に、気温の前日差や1週間積算気温差、1日内の気温差、屋内外気温差などの要素をふまえて「寒暖差肌荒れ指数」を算出し各都道府県別に数値化しランキングにした。計測期間は2017~19年の10月1日~12月31日まで。

 資生堂の研究結果では、季節の変わり目や室内外の行き来といった急激な寒暖差が肌のバリア・保湿に重要な酵素のカスパーゼ14を減少させ、肌荒れの原因になるという。特に寒暖差が大きくなるほど、直接的に肌に悪影響をもたらす要因となる。

 1位は北海道で、全国で唯一、平均気温の前日差が10℃を超える日があり、屋内外気温差も10℃以上となる日が7割を超えるなど秋から冬にかけて全国で最も早く、かつ急速に気温が下がり、気温差が大きくなる地域だ。2位は群馬県。周囲を山々に囲まれ南東部のみ開けている複雑な地形の為、冬のからっ風などで気候に大きな影響を及ぼしている。3位は山梨県で、昼夜の気温差が大きく1日の気温差も全国で2番目と盆地特有の冬の乾燥も影響している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら