ビューティ

ロクシタンとメルヴィータの日本社社長が交代 小山前フェラガモ・ジャパン社長が就任

 ロクシタンジャポンおよびメルヴィータジャポンは9月23日付で、小山順子・前フェラガモ・ジャパン社長が社長に就任した人事を発表した。同時に前任のニコラ・ガイガー(Nicolas Geiger)氏は同社の会長に就任した。

 小山新社長は1988年に津田塾大学を卒業後、外資系金融機関(ロンドン)やプロクター・アンド・ギャンブルAG(PROCTER & GAMBLE AG、ジュネーヴ)で経験を積み、98年に帰国後、カルティエ(CARTIER)やヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)などのフランスのラグジュアリーブランドで事業部長や社長などを務めた。2011年にELCジャパン傘下の「クリニーク (CLINIQUE)」の事業部長に就任し、19年2月からフェラガモ・ジャパンの社長を務めていた。
 一方のガイガー新会長はロクシタングループのレイノルド・ガイガー(Reinold Geiger)会長の息子で、04年にオックスフォード大学を卒業後、スイスの装飾会社に勤務。11年にロクシタンブラジルのジェネラルマネージャーとしてグループに入社した。17年1月にロクシタンジャポンの副社長に就任し、同年5月から日本におけるロクシタンおよびメルヴィータの社長として指揮をとっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら