コレクション

「クレイグ・グリーン」2016年春夏ロンドン・メンズ・コレクション

REPORT

ロンドンに広がる禅的和洋折衷の可能性を見せる

地元ロンドンでは、ドーバー ストリート マーケットが独占販売。香港ではジョイスやシャインなどのトップセレクトが販売。西洋人には新鮮なスタイルで、価格も他の新人と比べれば手頃ゆえ、ブランドの注目度はシーズンを追うごとに急上昇。そのスタイルは早くも新人レベルの若手デザイナーに大きな影響を与えている「クレイグ グリーン」が、2016年春夏メンズを発表した。このブランドの真骨頂は、ワークやミリタリーなどの機能性やディテールを踏まえた、和洋折衷で難解なレイヤード。これまでのショーには、柔道着を思わせる前合わせのショートジャケットと極太のパンツが幾度となく登場し、その下にロング丈のインナー、上にはジャケットよりさらにコンパクトなフォルムのベストやブルゾンを羽織り、それらをアシンメトリーにジャケットから見せたり隠したりという、難解なレイヤードを見せ続けてきた。今シーズンは、その基本路線は大きく変えることなく、素材と色のバリエーションが進化。日本ではウケそうにないオリエンタルなモード一辺倒を脱し、スタイルを大きく変えることなく、カジュアルな印象さえ身につけ、一歩前進した。

これまではホワイトやネイビー、それにブラックのコットンやハイゲージニットに偏りがちだったのに対し、今シーズンは合繊で作るオレンジやレモンイエロー、デニム地などを採用。ジャケットやパンツからは無数の紐が垂れ下がり、それをウエストで縛ったり、無作為に取りつけたかのように見えるループに通したり、ただただ床に向かってダラリと垂らしたりの特徴は変わらないどころか、ますます複雑になっている印象だが、カジュアルな素材で作っているせいか、難解な印象は随分和らいだ。垂れ下がる紐同様、流れるような布使いも特徴で、ミドルゲージのコットンニットにはしばしば穴が開き、そこには長いシャツ地が通る。シャツ地が歩くたびにたなびく様は、難解に見えるレイヤードを軽やかに、ロマンティックに見せる。

LOOK