ニュース

三井物産アイ・ファッションが米「マリブシャツ」とライセンス契約締結 再生ポリエステル素材を使用

 三井物産グループの繊維商社である三井物産アイ・ファッションは、アメリカ・カリフォルニア発のサーフブランド「マリブシャツ(MALIBU SHIRTS)」とライセンス契約を締結し、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で販売する。

 「マリブシャツ」は、ビンテージサーフグッズのコレクターとして知られ、サーフィンやハワイに関する歴史、文化に精通しているグラフィックデザイナーのデニー・ムーア(Denny Moore)が2004年にカリフォルニアのマリブで設立した。

 商品はTシャツ(3900円)、ロングTシャツ(4500円)、パーカ(6800円)などで、アメリカの大手リサイクル原料メーカーが海洋廃棄物から再生したポリエステル原料を調達し、三井物産アイ・ファッションが開発したオリジナルのアップサイクル素材“ワン オーシャン(ONE OCEAN)”を使用したサステナブルなモノ作りが特徴だ。“ワン オーシャン”を使用したTシャツを一枚作るために使用する海洋廃棄物のペットボトルの数は、500mLボトルで14本分に相当するという。

 「マリブシャツ」のコンセプトに共感した現代芸術家の加賀美健ら5人のアーティストとコラボレーションした商品を、「ゾゾタウン」において数量限定で受注販売する。9月18日12時から同30日まで注文を受け付け、10月末から発送する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら