ファッション

横尾忠則と大友昇平×「グッチ」のコラボ作品がB1版ポスターで限定発売 シリアルナンバー入りの「TOKION」オリジナルフレームに額装

 「TOKION」は、「TOKION」アートプロジェクトの第1弾である、美術家の横尾忠則とアーティストの大友昇平と「グッチ(GUCCI)」とのコラボレーションの一環でB1サイズのポスターを限定発売する。アートワークは両者が手掛けた2パターンの計4種類。

 同作はGGパターンや「グッチ」のブランドロゴといったエレメントを、両アーティストがどう自由にアレンジし作品に落とし込むかことをテーマにした作品だ。B1サイズのポスターはシリアルナンバー入りの「TOKION」オリジナルフレームに額装される。価格はすべて18万円で各15部の限定販売となる。

 横尾は自身の代表作でもある「HANGA JUNGLE」展のモチーフと「廣家/KOHKE」の2作品にGGパターンをコラージュした。決まった様式を持たないスタンスが生むファンタジー性が明確に表現されている。大友は代名詞でもある事務用ボールペンを使用した、緻密で圧倒的な描写力でサングラスを掛けた花魁風の女性の背景に「グッチ」のエレメントを描いた。

 オリジナルフレームは、壁掛けも可能だが、スタンドミラーのように床置きで立てかけることを前提としている。下部にはスタンドパーツを設けモダンなデザインに、フィニッシュはサテンブラックの塗装でマットな質感に仕上げた。右枠には「TOKIN」のロゴと手書きのエディションナンバーが付く。
B1ポスターは「TOKION」オフィシャルECのほか、MIYASHITA PARKのTOKiON the STOREでも購入が可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら