ビューティ

IT投資の本格化でヘアサロン業界のDXを推進 「ゴウトゥデイ」が新たに10億円を資金調達

有料会員限定記事

 ゴウトゥデイ シェアサロンは8月24日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)およびダブリューベンチャーズ(W ventures)を引受先とする第三者割当増資などで、総額10億円の資金調達を実施した。これにより累積資金調達額は約13億5000万円となり、今後は同社が運営するフリーランス美容師向けシェアサロンプラットフォーム「ゴウトゥデイ シェアサロン(GO TODAY SHAiRE SALON)」(以下、ゴウトゥデイ)のIT投資などに活用していく。(この記事は「WWDビューティ」2020年8月27日号からの抜粋です)

 「ゴウトゥデイ」は、2017年11月に原宿本店を1号店としてオープンし、約2年半で全国に15店舗を展開。20年3月には月次の総流通額(GMV)が1億円を突破した。「コロナ禍により4月は休業していたが、営業再開後、6月には同10%増といち早く成長軌道に戻った。店舗の特徴として、一人一人の美容師が働くスペースが仕切られた個室空間になっているため、確実にソーシャルディスタンスが保てる環境であることも、“ウィズコロナ”の現在でもお客さまが安心して来店できる理由になっている」と、「ゴウトゥデイ」のフリーランス美容師として現場を管理する大池基生取締役は話す。

この続きを読むには…
残り1012⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら