フォーカス

顧客も技術も“深度”を深めることが鍵 ウィズコロナのヘアサロンのあり方とは

有料会員限定記事

 ヘアサロンの多くが新型コロナウイルスの影響によって、休業や予約の制限など厳しい状況に追い込まれた。しかし、5月末の緊急事態宣言が解除される前後から次第に客足が戻り始め、6月には大幅に回復したという声も聞く。新客よりも再来店客が目立つが、気分を変えたいと紹介やSNSから予約が入ることも多く、サロンを変えるタイミングにもなったようだ。そういった中でも、コロナ禍で生まれた新しい常識によって、これまでのヘアサロンの常識とは違う“景色”を見ているのが、今年12周年を迎えた東京・表参道のヘアサロン「コクーン」だ。(この記事はWWDビューティ2020年7月23・30日合併号からの抜粋・加筆です)

 「コクーン」は、4月8~14日までを休業。その後、スタイリストは予約が入った時間帯のみ出勤、アシスタントはサロン内の人数を制限するために5月20日頃まで自宅待機と、営業を再開したものの予約制限・時短営業ということもあり客足は大幅に減少した。

 ようやく予約が増え始めたのは、緊急事態宣言が解除される1週間ほど前からで、5月末の約10日間で5月は前年同月比75%まで回復したという。この状況を見てVAN「コクーン」代表は、「スタッフ全員が同じ割合でお客さまが減ったが、SNSでの集客を得意としているスタッフと顧客深度の深いスタッフとでは、営業再開後のお客の戻り率は異なる。店としての売り上げが担保できても、スキルや顧客深度など個々の差もあるので一概には言えないが、顧客深度の深いお客さまが多ければ、その分働く時間を短縮するなど働き方を変えることは今後可能かもしれない」と考察する。

この続きを読むには…
残り2618⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む