ニュース

公開前から話題のボタニカル・スリラー映画「リトル・ジョー」 白くない白衣ブランド「パネンカ」とのコラボコートが人気

 「カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)」で話題を呼んだボタニカル・スリラー映画「リトル・ジョー(LITTLE・JOE)」(オーストリア・イギリス・ドイツ合作、監督:ジェシカ・ハウスナー)と、白衣をベースにしたワークコートを手掛ける日本発アパレルブランド「パネンカ(PANENKA)」は今春オリジナルコラボコートを発売し即完売、映画公開に合わせて再販中だ。「パネンカ」の店舗およびオンラインサイトにて販売されているほか、7月17日に映画公開となったアップリンク吉祥寺でも取り扱われる予定だ。

 映画「リトル・ジョー」は、主演のエミリー・ビーチャム(Emily Beecham)が「第72回カンヌ国際映画祭」で主演女優賞を受賞したことでも話題の異色のスリラー作品。製作者の意図ではないが、登場人物がマスクをしていたり、植物の香りという目に見えない謎の恐怖がウイルス感染を想起させることからも、SNSなどで話題に。映画情報サイト「シネマトゥデイ」のユーチューブ公式チャンネルにアップされている本編冒頭の映像の再生回数は87万回を超えており、「単館系映画作品でこの数字は異例」(配給元担当者)だ。

 「パネンカ」は、白衣をファッションアイテムとしてアレンジしたブランド。今回のオリジナルコラボコート“WHITE COAT”は、映画の中で俳優たちが着用している白衣がモチーフで、襟裏には映画を象徴するメッセージ“HAPPINESS IS A BUSINESS”の刺しゅうが施されている。大きめのボタンがアクセントで、軽い羽織りとして秋口まで重宝するデザインとなっている。3月末に発売し即完売、再販が決定した。

 同映画は、7月17日からアップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷などを皮切りに、全国で順次ロードショーとなる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら