ニュース

ジャンポール・ゴルチエがオリジナルマスクをデザイン 利益はエイズ撲滅団体に全額寄付

 ファッションデザイナーのジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ウイットに富んだマスクを手掛けた。マスクは彼のシグネチャーであるマリンテイストのボーダーの上に真っ赤なリップマークをあしらったデザインで、素材にはヨーロッパの衛生基準に基づいた3層のポリエステルを使用。ゴルチエがこのほどアンバサダーに就任したフランスのエイズ撲滅のために活動する団体シダクション(Sidaction)のために手掛けたもので、オンラインストアから1枚12ユーロ(約1400円)で購入できる(ただし配送はフランス国内のみ)。利益は全て同団体に寄付され、新型コロナの蔓延を防ぎながらエイズ撲滅への支援も行える取り組みになっている。

 1994年に設立されたシダクションは、エイズに関する研究や予防、エイズ患者への支援プログラム提供のため、フランス国内外の合わせて約100の組織に資金を提供している。フランスの人気歌手リヌ・ルノー(Line Renaud)が副会長を務め、80年代からエイズへの意識を高めるとともに、研究資金の調達に貢献してきた。

 一方、公私共にパートナーであったフランシス・メヌージュ(Francis Menuge)を90年にエイズで亡くしたゴルチエは同団体の強力な支援者であり、「ルノーにアンバサダーになってほしいと頼まれたとき、迷いはなかった」とコメント。「エイズとの闘いは何よりも個人的なストーリーであり、特に重要と考えている。この機会に若者に語りかけ、意識を高めていきたい。いつかワクチンが開発されることを願っている」と続けた。

最新号紹介