ニュース

「ジバンシイ」がサステナブルに本腰 環境配慮容器の新製品&リフィル発売

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は5月29日、「イドラ スパークリング」を刷新し、“肌の潤いの根源へのアプローチ”をテーマにした保湿スキンケアライン「イドラ リソース」を発売する。シリーズ共通の複合成分として、100%自然由来の独自成分“ビューティ・モス・コンプレックス”を取り入れた。また、全ての製品の成分は97%が自然由来となっており、肌と心、環境に優しいクリーンビューティの発想を取り入れている。が見られる。

 このクリーンビューティ発想は容器類にも反映され、サステナブルの観点からパッケージ類の素材を大幅に変更した。ジャーとボトルはリサイクル可能な素材となる、ガラスと再生可能プラスチックを採用。使用後は取り外しが可能で、より簡単にリサイクルできるようにした。そのほか、化粧箱は伐採を計画的に行う持続可能な森林の木から作られたパルプで製造。適切な森林管理を認証するFSCのバイオソースのインクを使い、過剰包装を避けるためにインナーカートンは使用せず作り上げた。

 「ジバンシイ」は今このシーズンから環境配慮容器に力を入れており、ブランドとして初めてとなるリフィル製品も、最高峰シリーズの「ソワン ノワール クレーム」2品に取り入れた。なお、 同製品の発売は発表当初は5月15日として いたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、生産ラインの停止に伴い入荷が遅れ、発売日は現在未定となっている。

 リフィルは「ブランドの格式を表現しつつ環境に配慮したデザインに仕上げた」点がポイントで、フィルムにはブランドの象徴 である“Gマーク”を取り入れるなど工夫を凝らした。容器からツイストしてからのケースを取り出し、レフィルを入れるだけという簡便さも特徴だ。

 LVMHグループは以前からサステナブル活動に注力しているが、同ブランドもクリスティン・エドマン(Christine Edman)=ジバンシィ ジャパン プレジデント&CEOがグループCSR委員会の中心メンバーに抜擢されている。今後は 「ジバンシイ」としてもリフィルの発売や環境配慮容器への変更するなどなどを行い、ラグジュアリーとサステナビリティーを両立させていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら