ビューティ

「ジバンシイ」からカスタマイズできるユニセックスフレグランスが登場

 「ジバンシイ」は4月3日、ユニセックスのフレグランスライン「ド ジバンシイ オーデパルファム」(全9種、各100mL、各2万6000円)を発売した。新宿伊勢丹本店での限定販売で、オートクチュールの精神を有するプレミアムラインとなっている。9種の香りをそれぞれ使用するだけでなく、ベースノートにも使える「アコール パルティキュリエ」と、その他の8種類の香りを組み合わせて自分だけの香りを作ることが可能だ。

 「アコール パルティキュリエ」は繊細なローズに心落ち着くパチョリやベチバーが加わったウッディー・ムスキー調の香り。ほかのフレグランスと組み合わせて使えるように調香されている。そのほかフレッシュで甘酸っぱいフィグリーフに香ばしいローストセサミの親しみやすさをプラスした「トロブル フェット」や、高貴なホワイトティーに清潔感のあるジンジャーエッセンスをブレンドした「サンザーティフィス」、スリランカペッパーがエキゾチックに香る「オワゾー ラール」、バニラの官能的な甘さにスモーキーなタバコを重ねた「アンフラメ」など、フレッシュな香りから深みのあるスモーキーな香りまで、幅広くラインアップする。

 また、製品のキャップ上部シルバープレートは、マーブルやゼブラデザインなど、好みのものにカスタマイズすることができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら