ファッション

リモートワーク下の“自粛ファッション”を団地の公園で考える

 リモートワーク生活も、はや数週間。それなりにストレスも感じ、また春らしい陽気に誘われて、可能な限り一日に1度は外に出るようにしています。なにより、ずっと家にいると妻子に疎まれ、ワイドショーから流れる“夫源病”“コロナ離婚”なる言葉にいっそう居心地が悪くなります……。

 ただ、外に出ても“不要不急”に店に入るのははばかられ、結果として公園のベンチに落ち着きます。あらためて見てみると、公園のベンチはそもそもソーシャル・ディスタンシングされているんですね。ベンチに座っていると、たくさんのタクシー運転手や配送業者がトイレ休憩に立ち寄ることにも気付きます。「なるほど、彼らにとってはトイレの場所を把握することも重要なのだなぁ」と妙に感心。そんな風にあれこれ観察しながら、外出先でもスマホ一つでたいていの業務には対応できます。

 当初は、原宿に取材に行く、もしくは六本木にある編集部に出社する際の“いつも”の服装だったんですが、公園で“チェックのガウンに黄色のレザーショーツ”はどうにも悪目立ちします。なんといっても、ここは世田谷の住宅地。ママネットワークが張り巡らされており、公園で派手な格好の親父がコンビニ飯を食らっている姿は、決して小学生の娘のプラスになりません。

 そこで、なるべく目立たないことを心掛けます。しかしながら、僕のクローゼットには赤や黄色や緑の服しか入っておらず、結果としてジーンズにボタンダウンシャツ、コットンセーターという“置きにいった”コーディネートに落ち着きがちです。ピカピカに磨き上げたコードバン靴を公園に履いて行っても、土ぼこりにまみれるだけなので、もっぱら足元はスニーカーです。

 年相応なのだろうし、公園には溶け込みやすいのですが、いつもそれだと逆にストレスがたまってきます……。そんなことからも、“一日も早く日常が戻らないかなぁ”と、思いはそこに行き着くのでした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら