ビューティ

「スック」の代名詞的“顔筋マッサージ”がシンプルに進化 名品クリームもリニューアル

 「スック(SUQQU)」は、ブランドの代名詞ともいえる“顔筋マッサージ”のメソッドをよりシンプルに生まれ変わらせる。それに伴い、7月3日にはスキンケア効果と新メソッドに有効なテクスチャーへと進化した顔筋マッサージ専用クリーム「デザイニング マッサージ クリーム」を発売する。

 2003年のブランド誕生時からある“顔筋マッサージ”は、顔や筋肉、骨格、リンパ、血流などに直接働きかけて、ハリのある健康的な肌をサポートするブランド独自のマッサージメソッド。朝晩2回、3分間マッサージをすることで肌の質や艶を上向きに整え、その後に行うスキンケアやメイクアップ効果をさらに高めることができる。13年にリニューアルし、全11ステップあった工程を9ステップにしていた。今回の新メソッドでは、全9ステップから、全7ステップに集約し、よりシンプルな動きでいっそう効果が出るようにバージョンアップした。

 ブランド担当者は、「旧メソッドから、さらに顔の構造を意識し、表情筋や骨格のポイントを押さえた手法に改良。顔全体を余すところなく細かい部分(眉間や口輪筋など)にもしっかりアプローチするほか、リンパ&血流を流す工程も増やした。工程を減らしつつも、新メソッドは旧メソッドの動きを網羅できるような動きになっている」と述べる。また、旧メソッドは筋肉にしっかりアプローチをするため強い圧をかける手技が多かったが、新メソッドは顔の構造に合わせて適度に圧をかけて行う部分、やさしく流す部分を設け、メリハリがありマッサージが心地よくできるように改善した。

 「デザイニング マッサージ クリーム」はテクスチャーが進化。マッサージを進めるほどに滑らかなクリーム状となり、マッサージを終えるころにはライトなオイル状へと変化する。そのため、洗い流しやふき取りが以前より簡単になり、マッサージ後のべたつきが気にならなくなる。同クリームの発売と同日には、マッサージ後の拭き取り用はもちろん、皮脂や不要な角質などを優しくすっきり落とす拭き取り化粧水「クラリファイング トナー」も登場する。

 今回のリニューアルについて、「マッサージで一番大切でかつ最も難しいのは『毎日続けること』。動きをさらにシンプルにしたことで継続や挑戦がしやすく、多くの女性により長く続けていただきたい。また、“顔筋マッサージ”は“小顔マッサージ”の異名をとるほど小顔効果を実感できる手技。マッサージ=エイジングケアのイメージが強いが、小顔願望が強い若い世代、そして『手で行うマッサージはめんどくさい』というイメージから美容機器を選んでいた人にぜひ試してほしい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら