ニュース

「スック」「RMK」が「Tモール」に旗艦店オープン

 エキップはこのほど、中国最大級の越境ECプラットフォーム「天猫国際(TMALL GLOBAL)」に「スック(SUQQU)」と「RMK」の旗艦店をオープンした。昨今のインバウンド需要を背景に、中国本土に初となる公式販売チャネルを確立し、さらなるグローバルでの飛躍を目指す。

 「スック」は2006年のタイを皮切りに、英国、台湾など現在5つの国と地域で展開。中国においては、17年1月に中国SNSの「微博(Weibo)」に公式アカウントを開設し、49万のフォロワー(19年9月時点)に向けて情報発信を続けてきた。「天猫国際」では、インバウンド人気の高いファンデーション「エクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション」や4色アイシャドウ「デザイニング カラー アイズ」をはじめ、主力のスキンケアなど約150アイテムを展開する。

 「RMK」は1999年の台湾を皮切りに、現在4つの国と地域で展開。韓国16店舗(免税店9店舗含む)、台湾14店舗、香港6店舗を出店し、日本発メイクアップアーティストブランドとしてアジア圏で支持を集めている。中国においては、「スック」同様に中国SNSの「微博(Weibo)」に公式アカウントを開設している。「天猫国際」では、ブランドを代表するベストセラーアイテム「リクイドファンデーション」や今秋発売した「クリーミィファンデーション EX」など主力であるベースメイク製品を中心にメイクとスキンケアの178アイテムを展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら