ファッション

勝ち組は2ケタ成長も見通しは不透明 ラグジュアリー企業19年12月期決算

有料会員限定記事

 ラグジュアリー企業の2019年12月期の決算が出そろった。代表格であるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンとケリング、エルメスは軒並み2ケタ増収。香港の民主化デモや貿易摩擦など、政治や経済が不安定であっても、ラグジュアリー消費は衰えることを知らないようだ。しかし、全てのラグジュアリー企業が好調かといえば決してそうではない。また、20年1月に始まった新型コロナウイルスの感染拡大により、この先の業績の見通しは不透明だ。(この記事はWWDジャパン2020年3月23日号からの抜粋です)

 「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」「フェンディ」などを擁するLVMHは、売上高が500億ユーロ(約6兆円)の大台を突破した。この5年間で41%成長した。特に主要事業のファッション・レザーグッズ部門が前期比20.4%増の222億ユーロ(約2兆6100億円)と引き続き好調だった。

この続きを読むには…
残り2407⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら