フォーカス

「ホットペッパービューティー」も参入 拡大する美容医療市場のクリニック経営戦略に迫る

有料会員限定記事

 日本国内における美容医療市場は年々拡大しており、矢野経済研究所の調査によれば、医療施設収入高ベースで2014年は11年比8.5%増の2833億円と成長基調で推移し、17年は14年比14.8%増の3252億円と推計されている。美容医療においては、形成外科的な施術の需要は減少傾向にあるが、非外科的施術の需要がこの10年ほどで大きく拡大。“低料金”“エステ感覚”“時短”などをうたうクリニックが広がっている。(この記事はWWDビューティ2020年3月19日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1652⽂字, 画像9枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む