ビューティ

「YSL」から“ミルクティー”をテーマにしたリップコレクションが登場

 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT 以下、YSL)」は5月22日に、ミルクティーから着想を得たリップコレクション「YSL ミルクティーショップ」を発売する。普段のヌードカラーとは違った、かっこよさも加えたカラーをそろえる。

 カラーは、フェミニンなダスティ―ローズヌード“キャンディーヌード”、ニュートラルなミルキーカラーの“ラテヌード”、女性らしさを引き立てる“スパイシーヌード”の3タイプ。ラインアップは、YSLのリップ製品の中でNo.1の売り上げを誇る「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」から、キャンディー、ラテ、スパイシーを表現する3色(各4100円)、高発色で艶やかな仕上がりをかなえる「ルージュ ピュールクチュール」からも、キャンディー、ラテ、スパイシーを表現する3色(各4100円)をそろえる。

 さらに、クリーミーな艶が持続するリキッドルージュ「ルージュ ピュール クチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム」からは、キャンディー、ラテそれぞれ各1色とスパイシーで2色(各4100円)、マット仕上げのリキッドルージュ「タトワージュ クチュール」からラテとスパイシーの2色(各4300円)が登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら