ビューティ

「ジョー マローン」がホームフレグランスを強化 ラベンダーにフォーカスしたコレクションから初のピローミスト

 「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」は、毎年3月に限定で展開している「ブリットコレクション」の新作「ラベンダーランド」で、ブランド初のピローミストやディフューザーなどホームフレグランスにフォーカスする。そのほか3種のコロンをそろえ3月20日に発売する。価格は4200~8400円。

 同ブランドがラベンダーのフレグランスを発売するのは初めてのことで、フレグランス製品の香料では主流であるフレンチラベンダーではなく、イングリッシュラベンダーを使っているのが特徴。イングリッシュラベンダーはハーブのような土っぽい香りを持ち、製品の香調はメンズフレグランスに多いグリーンや苔、渋いハーブを感じさせるやや重めのフゼア系統に分類され、男性にも使いやすい香りとなっている。ピローミストはリラックスへ導くような柔らかく官能的な香りに、ディフューザーは拡散しやすい素材を使い落ち着いた雰囲気を演出する香りに仕上げた。

 ラベンダーにフォーカスした3種のコロンは、パープルの色から着想した甘い藤の香りとホワイトムスクに包まれる「ウィステリア & ラベンダー」、爽やかなグレープフルーツとウッディーな白樺の香りが特徴的な「シルバー バーチ & ラベンダー」、ハーブガーデンのような香りの「ラベンダー & コリアンダー」がある。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら