ファッション

キム・ジョーンズや村上隆がウールマーク・プライズの審査員に決定

 ザ・ウールマーク・カンパニーは、2月17日にロンドンで開催される若手デザイナーの登竜門「2020 インターナショナル・ウールマーク・プライズ(2020 INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE 以下、IWP)」のファイナル大会の審査員を発表した。

 今回は「ディオール(DIOR)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)やアーティストの村上隆をはじめ、ポーランド人モデルでアクティビストのアンニャ・ルービック(Anja Rubik)、名物ジャーナリストのティム・ブランクス(Tim Blanks)「ビジネス・オブ・ファッション(The Business of Fashion)」エディター・アット・ラージやハミシュ・ボウルズ(Hamish Bowles)「ヴォーグ」インターナショナル・エディター・ アット・ラージ、エドワード・エニンフル(Edward Enninful)英「ヴォーグ」編集⻑ら9人が審査を行う。

 また同大会では、IWPの第1回受賞者であり、昨年亡くなったデザイナーのカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)を讃えるため、「カール・ラガーフェルド賞」を新設する。プレゼンターは、「ハーパーズ バザー(HARPAR’S BAZAAR)」のグローバル・ファッション・ディレクターでブランド「カール・ラガーフェルド」のスタイルアドバイザーでもあるカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)が務める。

 ファイナル大会へは「ニナ リッチ(NINA RICCI)」のアーティスティック・ディレクターを務めるデザイナーデュオのルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)による「ボッター(BOTTER)」や、エミリー・アダムス・ボーディ(Emily Adams Bode)の「ボーディ(BODE)」、サミュエル・ロス(Samuel Ross)による「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」などLVMHプライズやアンダム賞などの有名コンペのファイナリストに選ばれた実績のある若手注目株が顔をそろえる。優勝者は20万豪ドル(約1500万円)、「カール・ラガーフェルド賞」の受賞者は10万豪ドル(約750万円)を獲得する。

 審査員メンバーは以下の通り、

ティム・ブランクス(Tim Blanks)/「ビジネス・オブ・ファッション」エディター・ア ット・ラージ

ハミシュ・ボウルズ(Hamish Bowles)/「ヴォーグ」インターナショナル・エディター・ アット・ラージ

シネイド・バーク(Sinead Burke)/ライター、学者、活動家

エドワード・エニンフル(Edward Enninful)/英「ヴォーグ」編集⻑

キム・ジョーンズ(Kim Jones)/「ディオール」メンズ・アーティスティック・ディレクター

村上隆/アーティスト、カイカイキキ代表取締役

ホリ・ロジャース(Holli Rogers)/ブラウンズCEO、「ファーフェッチ」チーフ・ブラン ド・オフィサー

アンニャ・ルービック(Anja Rubik)/モデル、sexedPL 創業者、慈善活動家

シャウェイ・イェー(Shaway Yeh)/「モダン・メディア」グループ スタイルエディトリアルディレクター

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。