フォーカス

スタイリスト2カ月目は売り上げ230万円超え 「アルバム」金内柊真のスター美容師への道 Vol.2

 ツイッターのフォロワー数14万超え、インスタグラムのフォロワー数10万超えの美容師・金内柊真。かつては芸能活動を行い、2018年8月にはアシスタントながら自身の著書「才能がなければその分努力すればいい」(KADOKAWA)を出版するなど、美容師の枠に収まらない存在として注目を集めている。昨年11月にスタイリストデビュー。今連載では、毎月の彼の売り上げの推移とともに、売り上げを伸ばすために何をやってきたか、また新人スタイリストならではの苦労などを紹介していく。今回はデビュー2カ月目(19年12月)を振り返ってもらった。

WWD:デビュー2カ月目(19年12月)を振り返って、売り上げはどうだった?

金内柊真(以下、金内):総売り上げは234万円でした。220万円が目標だったので、それを達成できたのはよかったです。NOBU(「アルバム」プロデューサー)さんにも褒めていただいて、少しは恩返しできたなかなと思います。ただ年末にかけてはお客さまも忙しくなるので、けっこうキャンセルが多くて、それが残念でした。

WWD:12月からアシスタントが1人つくようになったが?

金内:2人まで同時施術が可能になり、予約枠も2倍(2枠)になりました。それでより多くのお客さまを担当できるようになったのはうれしいです。一方で、1人のお客さまと接する時間が短くなるので、その中でいかに満足してもらうか、よりクオリティーを高めていかないといけないなと思っています。まだまだ新規のお客さまが多いので、要望をすばやく的確に把握できるように、常に神経は研ぎ澄ましています。

WWD:アシスタントがつくようになって、意識していることは?

金内:的確な指示は心掛けています。「シャンプーして」だけよりも「シャンプーして、その後に〇〇というトリートメントをつけて乾かして」など、細かく指示するように意識しています。アシスタントを迷わせたらダメ。この前まで僕自身がアシスタントだったので、こういう指示の仕方をした方がいいというのが分かるんです。ただ毎回それができていたかどうかは分からないですが。

WWD:今はどれくらいアシスタントに任せている?

金内:基本的にシャンプーは任せていて、そのほかはなるべく自分で積極的にやるようにして、お客さまと接するように心掛けています。ヘアカラーも塗れるときは積極的にやります。それだとアシスタントの中には「任せてもらえてない」と感じる人がいるかもしれませんが、お客さまに満足してもらうために必要なんです。営業後にはアシスタントとミーティングを行うこともあります。1日のサロンワークを振り返って、「あのときはこうしてほしかった」などを話し合います。スタイリストによって要望が異なるケースもあるので、アシスタントには「分からないことがあったら聞いてほしい」とは伝えています。

WWD:12月の客数は何人だった?

金内:総客数で250人ほどでした。最大で1日15人ほどですが、平均すると1日11人ほどです。ありがたいことにほとんど指名で来てくれています。現在2月の予約まで受け付けているのですが、それもすでに埋まりつつあります。

WWD:予約枠をさらに広げることも考えている?

金内:僕自身はまだそこまで考えていないです。最終的には会社の判断になるのですが、まだまだ今の予約枠でも精一杯で余裕が持てていない。とりあえずはこの予約枠で、余裕を持ってまわせるようになってからかなと思います。

WWD:12月から銀座店の副店長にも就任したが?

金内:基本的には店長のサポート役なので、役割としてそこまで大きく変わったことはないです。でも副店長になったので初めて会社の幹部ミーティングに参加できて、それはすごく刺激になりました。

WWD:1月の売り上げ目標は?

金内:1月は190万~200万円が目標です。1月は4日まで休みだったのでその分営業日数も少なく、サロンワークをするのが実質20日ほどになります。現在1日の売り上げが9万~10万円なので、それくらいかなと考えています。

WWD:現在の課題は?

金内:先ほども言ったとおり、今後予約の枠をさらに広げられるように、タイムマネジメントを意識したサロンワークです。あとお客さま1人と接する時間が短くなったこともあり、店販売り上げの比率が下がってしまって。まだまだ店販をおすすめするところまで余裕が持てないので、それも課題です。

WWD:SNSの活用はうまくいっている?

金内:SNSはちゃんと更新はしているんですが、投稿する内容に僕自身が少し飽きてきてしまっています。だからそっちでも新しいことに挑戦していかないといけないなと思っています。

WWD:最後に、金内さんの服装は基本的にシンプルですが、サロンワークの服装で意識していることは?

金内:女性のお客さまが多いので、シンプルで清潔感のあることは意識しています。例えば今日だとデニムにコンバースを合わせたり。スタイリストになってアシスタント時代の服は8割ほど入れ替えました。スタイリストになって、さらに見た目は意識するようになりました。