RIZAPが売上高を1000億円上乗せ、今期で2500億円に

企業動向決算

2018/5/15 (TUE) 10:15

 RIZAPグループ(国際会計基準)は2019年3月期に、売上高に相当する売上収益と営業利益で、それぞれ1000億円、100億円の上乗せを計画する。今期は売上収益で2500億円、営業利益で230億円、税引前利益で210億円、純利益で159億円を計画する。計画を達成できれば、14年3月期に売上高が239億円だったRIZAPグループは、わずか5年で売上高が10倍以上に成長することになる。

 18年3月期の業績は、売上収益が前期比42.9%増の1362億円、営業利益が同33.1%増の135億円だったが、今期は主力のボディメイク事業「RIZAP」で売上高を約1.5倍の493億円に引き上げる他、補整下着のマルコやEC専業アパレルの夢展望、堀田丸正などの上場グループ企業の収益改善により営業利益ベースで25億円の増加を見込む。瀬戸健RIZAPグループ社長は「18年3月期に91億円以上を投じてきた先行投資を刈り取る。今後はグループ間の事業をクロスさせる」と語った。

 RIZAPグループは21年3月期を最終年度にする5カ年の中期経営計画「COMMIT2020」を推進しており、売上高3000億円、営業利益350億円を計画している。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 元「スライ」カリスマ店員が新ブランド立ち上げ

    新ブランド・新ライン
  2. PICKUP

    ドンキHDが渋谷・道玄坂に複合ビル開発 2022年春開業

    企業動向商業施設
  3. PICKUP

    ラオックス銀座本店が閉店 跡地は「リモワ」か

    企業動向閉店・閉鎖
  4. 「シュプリーム」が日刊紙「ニューヨーク・ポスト」をジャック

    雑誌・書籍・媒体コマーシャル企業タッグ新作
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true