WWD BEAUTY Vol. 459

世界のビューティ企業ランキングTOP 100

WWDビューティ 紙面紹介

2017/6/21 (WED) 03:00

 「WWDビューティ」6月22、29日号は「世界のビューティ企業TOP 100特集」です。2016年度の売り上げをベースに、世界のビューティ関連企業のトップ100社をランキング形式で発表します。各社の売上高だけでなく、前年比の売上高の増減率や順位の推移、子会社・主要ブランド、最近のニュースも合わせて解説しています。

 16年の大きな傾向として、エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)が米メイクアップブランド「トゥーフェイスド(TOO FACED)」、ユニリーバ(UNILEVER)がメンズのグルーミングブランド「ダラー シェイブ クラブ(DOLLAR SHAVE CLUB)」を買収するなど、大手によるインディーズブランドの買収が相次いでいます。

 また、お騒がせセレブ一家の末っ子で若者に人気のインフルエンサー、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)がプロデュースするメイクアップブランド「カイリー コスメティックス(KYLIE COSMETICS)」が初めてランクイン。同ブランドはSNSで爆発的にヒットしており、インスタグラムやユーチューブを筆頭に、業界でSNSの影響力がますます大きくなっていることがうかがえます。

 ニュース面では銀座「プチプチ マルシェ」やルミネ町田でコスメショップゾーンが相次いで開設していることや、「シスレー(SISLEY)」の「ブラックローズ」シリーズの新スキンクリーム、花王「エスト(EST)」のリニューアル、「パンピューリ(PANPURI)」の新スキンケアライン、アンファーの17年度のビジネス構想について取り上げています。

 連載は、「SAKURAのモード論」が最終回です。数週間におよびファッションの歴史を遡ってきましたが、今回は1970年代のファッションを解説しています。「海外ビューティ通信」はインドの最新ビューティ事情をお届けします。目の上下に濃く入れる伝統的なアイライナー、カジャルをピックアップ。その歴史と最近の使われ方を紹介します。

contents

IN FOCUS

  • 2016年度版ビューティ企業TOP 100 インディーズブランドの人気上昇

THE NEWS

  • 銀座「プチプチ マルシェ」とルミネ町田 コスメショップゾーン相次ぎ開設
  • シスレー「ブラックローズ」シリーズから新スキンクリームが発売
  • 花王「ソフィーナ」改革第3弾は「エスト」のリステージ
  • アンファー17年度ビジネス構想発足
  • 「パンピューリ」から新スキンケアライン登場
  • 大手によるインディーズブランド買収戦略
  • 「フローフシ」から初のリップアイテムが登場
  • ナプラが日本最大級のヘアイベント「ドリームプラス 2017」を実施
  • コスメラウンジの「銀座コスメ体感クルーズ」が活況
  • 「福岡国際ビューティ・ショー2017」開催

TOPICS

  • マッシュHDが吉井氏パリヤをM&A
  • SAKURAのモード論
  • 最終回 「1970年代 – 沈滞の70年代 クチュリエからスタイリストの時代へ」
  • 海外ビューティ通信 インド編
  • Vol. 139 インド伝統の目にやさしいアイライナー「カジャル」

HIT RANKING

  • 松屋銀座で売れている「ファンデーション」TOP5
  • QVCで売れている「4月の人気ビューティアイテム」TOP5
  • 編集部が選ぶ新商品情報
LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false