ファッション

カザフスタンも“ニュークラシック”旋風 子連れママ大歓迎のファッション・ウイークでスナップ

 カザフスタン南東部の都市アルマトイで2020年春夏シーズンの「ビザ・ファッション・ウイーク・アルマトイ(VISA FASHION WEEK ALMATY)」が12月4〜5日に開催された。チケットを購入すれば一般客も参加可能なイベントのため、ファッション業界人だけでなく地元のファッションラバーも集結。カザフスタンは共働きが少なく、女性は20代前半に結婚して専業主婦と子育てに専念するのが一般的なためか、子ども連れでショー会場を訪れる女性が他の都市よりも多く見られた。

 各ブランドが秋冬に提案した“ニュークラシック”のトレンドはアルマトイでも顕著だった。特にベージュやホワイトなどのニュートラルカラーのワントーンスタイルが多く、セットアップが目立った。遊牧民の国であるカザフスタンは毛皮加工業に長い歴史があり輸出品でも上位を占めるため、毛皮の着用率が高かったのも他都市との違いだ。レザーは本革ではなく、レザー風のアイテムが好まれていた。

 ウエアはクラシックなムードだが、足元はワイルドなウエスタンブーツを合わせたり、大ぶりなゴールドのジュエリーで装飾を加えたりと、アクセサリーでスパイスをプラス。バッグやベルト、シューズは「ディオール(DIOR)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「シャネル(CHANEL)」「グッチ(GUCCI)」などのロゴが入った存在感の強いアイテムが多かった。ウエアは「ジャックムス(JACQUEMUS)」「レジーナ ピョウ(REJINA PYO)」のほかに、カザフスタン発ブランド「キルピ(KIRPI)」のガーリーなドレスも見られた。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら