フォーカス

初心者のためのファッションロー相談所Vol.08 他人が撮影した自分の写真を無断使用するのは違法?

有料会員限定記事

 デザインの“パクリ”問題や口約束で受けてしまった仕事、著作権や商標権など、実はファッション業界と法律は密接に結びついている。法律を知らなかったことでビジネスに大きな影響や損害を与えてしまう可能性もある。一方で、「法律は難しくてよく分からない」と敬遠している業界人も多いのではないだろうか。そこで、弊紙記者が業界を代表してファッション業界に関係する法律(=ファッションロー)を専門とするスペシャリストたちに業界の悩みや疑問を相談していく。なお、「WWDジャパン」12月9日号では、みんなの疑問・不安に4人の弁護士が答えるファッションロー特集を予定している。さて、ここでの今日のお題は?(この記事はWWDジャパン2019年3月4日号からの抜粋です)

このニュースが気になる!
ジジ・ハディッドが写真を
無許可転載して訴訟に

 モデルのジジ・ハディッドは、パパラッチが撮影した自分の写真を無許可でインスタグラムに転載したことが著作権侵害に当たるとして写真の権利を所有するエクスクルーシブ社から訴えを起こされた。

 ジジはインスタグラムの投稿をすぐに削除し、その後同騒動について「私が投稿した最新の(現在は削除した)投稿が“法に触れている”とマネジャーに言われました。(パパラッチに対しても)ポーズをとって笑顔を向けることは私の仕事の一つだと理解しています。一方でこうした人たち(パパラッチ)は、特別なことが何もなくても毎日“適法に”私たちをストーキングしてお金に変えています」と反論している。

この続きを読むには…
残り2703⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら