ニュース

片寄涼太ら映画「0キス」出演者がランウエイショー 東京モード学園とコラボ

 12月6日公開の映画「午前0時、キスしに来てよ」(松竹配給)が11月28日、東京モード学園とコラボレートしたプロモーションイベント「『午前0時、キスしに来てよ』ドキドキ♡ドリームNIGHT」を東京・新宿の同校で開催した。

 主演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)をはじめ、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、野田理人、宇佐卓真、内藤秀一郎のキャスト8人が登壇。片寄と眞栄田は、東京モード学園生がこのイベントのために制作した衣装を着用して登場し、“映画館デートで着たい服”を着用した他の共演者とともに、ファッションショーのようにステージをウオーキングした。片寄の衣装をデザインしたファッションデザイン学科の河野樂々(らら)さんは、「大きく描いたキスマーク柄がポイントです」などと説明。片寄は「準備を重ねてきたことが実現できてうれしい。デザインは学生にお任せした。(自身が演じる主人公の綾瀬)楓が着てそうなデザインだ」と話した。トークセッションでは、映画のストーリーにちなんで、憧れのスーパースターとのさまざまなシチュエーションをキャストが即興で実演するなどして盛り上がった。片寄は「憧れや夢を持つことが大切で、それが実現するワクワクした瞬間を、この作品を通して感じてほしい」などとメッセージを送った。

 「午前0時、キスしに来てよ」は、「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜による同名少女コミックの実写映画。片寄は、アメリカの「バラエティ(VARIETY)」誌と「マカオ国際映画祭」が選ぶ“アジアの次世代スター8人”の1人として日本人男性で初めて選ばれ、12月に開催される同映画祭に出席する予定。