ファッション

ギンザ シックス初のイルミネーション 点灯式に新木優子が「ディオール」のドレスで登場

 ギンザ シックス(GINZA SIX)は11月26日、初のクリスマスイルミネーション「ルーフトップ スター ガーデン(ROOFTOP STAR GARDEN)」を開始した。期間は2020年2月23日まで。地上約56メートルに広がる銀座最大の屋上庭園に、無数の星が降り注ぐような空間を出現させた。

 点灯式にはモデルで女優の新木優子が登場した。新木は「ディオール(DIOR)」のチョコレートカラーのドレスに、「ショパール(CHOPARD)」のダイヤモンドジュエリーを身につけた。衣装の総額はおよそ1億5000万円。新木が点灯台にクリスタルをはめるとイルミネーションが点灯した。イルミネーションのテーマである“星”にちなんで、かなえたい願い事を聞かれると、「今年は仕事もプライベートも充実した1年になった。こんな充実した日々がこれからも続きますようにと願いたい」と回答した。

 イルミネーションは中央の“水盤エリア”に147本のLEDの柱を設置し、流れ星や星の瞬きをイメージした光の動きを表現した。“水盤エリア”を囲む2カ所の“森エリア”では、さまざまな位置から放たれるレザーの光をクリスタルが拡散し、360度光に溢れたプラネタリウムのような空間に入り込むことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら