ファッション

山本美月が表参道ヒルズのイルミネーションを点灯 40個の水槽が囲うクリスマスツリー

 表参道ヒルズは11月13日、「表参道ヒルズクリスマス2019」と題したクリスマスイルミネーションを開始した。期間は12月25日まで。「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、40個の水槽に囲まれた高さ7メートルのクリスマスツリーを設置した。演出はデザインスタジオのウィープラス(WE +)が手掛けた。

 同日行われた点灯式には、女優でモデルの山本美月がチュールの重なる黒のロングドレスを着用して登場した。山本が水槽に水を注ぐと同時にイルミネーションが灯った。初めて点灯式を行なった山本は「クリスマスといえば表参道だと思っているので、自分が点灯式に参加するなんてびっくりです」とコメント。加えて「来年はこのイルミネーションのように人としても女優としても変化し続けたいです」と抱負を語った。

 クリスマスツリーを囲う大小異なる大きさの水槽は音楽に合わせて水量が変化し、LEDライトが吸水性ポリマー入りの水槽を照らすことで、見る位置や時間によってさまざまなツリーの表情を楽しめる仕掛けだ。天井部には水槽をイメージしたゴールドフレームのオブジェを装飾し、華やかな空間を演出した。

 本館の吹き抜け大階段ではイルミネーション期間中の30分に1回、音と光に合わせた約5分間の特別演出が行われる。全ての水槽が水で満たされ、幻想的なツリーを見ることができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら